カテゴリ / その他

京都の「いま」の現状。GO TO トラベルの影響はいかに

2週間前の京都の現状

7月19日(日)京都・清水

この写真が2週間前の京都の現状です。

日曜日の午前11時頃

例年であれば歩くことが困難なほど

様々な国の観光客で溢れています。

お昼を過ぎてからはもう少し人が増えてくるようです。

二年坂のあたりのお店はすでに

4件ほど閉店していました。


京都で特に人がいないのが

清水・伏見稲荷・銀閣寺
だと話を聞いた方が言っていました。

 

アジア系の観光客で溢れていた伏見稲荷

 

7月20日㈪の京都・伏見稲荷

月曜日の午前中のせいもあるのか閑散としています。

いつもはアジア系の観光客でいっぱいです。

人が全くいなかったので

はじめて千本鳥居にも行きました。

とても空気がきれいで深呼吸したくなるほど澄んでいました。

「営業」としてのこの状況を受け入れるのは

とても辛いですが

「観光」としてこの状況の伏見稲荷に行けることは

うれしい思いがありました。

なので複雑な気持ちですね。

今までは、人が多すぎて「うわー」っていう気持ちが

9割でしたが改めてゆっくり周ることができると

改めて伏見稲荷のすばらしさに気づけます。

めちゃめちゃいいところです!!

 

観光地の「GO TO トラベル」への複雑な思い

京都を周った際に

GO TO トラベルについて伺ってきました。

すると様々な声が出てきました。

■Aさん
 店長という立場からするとGO TO トラベルでお客様が増え
 売上が上がるのはうれしいが
 個人的な意見でいうと、あんまり来てほしくないです。。。

■Bさん
 GO TO トラベルって何をどうしたらいいのか
 何も聞いていないのでわかんないです。

■Cさん
 あんまり期待していない。結局マスクしかいまは売れない。


など複雑な思いがあったようです。

 

 

GO TO トラベル始まってすぐの4連休で

GO TO トラベルの4連休は

どの観光地にも比較的お客様が訪れ

お土産物屋さんも4日間の売上はそこそこ良かったようです!

ただ

4連休が終わってからの

平日はまた人が観光地から消えたようです。

お店を午前中で閉めるお店や

平日はお店を営業しないお店がでています。


そんな中でもお店の方たちは

どうしたら今の日本人の観光客の方に

商品が売れるのかを模索していました。

弊社も少しでも日本人のお客様に

手に取っていただける商品開発をしていきたいと

思っています。

 

 

 

Lineで聞いてみよう!

 

ご注文前の
質問、相談やこんな柄がほしい!など
なんでもお気軽にお問い合わせください!

初めての方はこちらから
下記の友達追加ボタンより
簡単に登録できます。

 

 

 

 

SNSでCOCOLUCK JAPANをチェックしよう!

 

COCOLUCK JAPANはSNSを活用し

 ■「和」を現代のファッションと
   掛け合わせたコーディネートの紹介
 ■イベントの様子
 ■「心楽」で繋がった皆様との写真
 ■お客様の「心楽コーデ」

などを発信しています。

 @cocoluck_haikara  
    @ nanase_nanache

@Haikaramarket    / @7se7che

@cocoluck.japan    / @7se7che

 

 

COCOLUCK JAPANのビジョン

 

 

COCOLUCK JAPANのビジョンは

「心楽(ココラック)と言う言葉を

”平和の象徴” という意味で

世界共通語にすること」です。


私たちは「心楽しい」を合言葉に

お客様が笑顔になる。

わくわくする。

そんな商品開発を目指しています。

お客様が笑顔になり

日本と世界の繋がりを感じ

どんなに離れていても

お互いが協力できる関係づくりを

「和=和柄、平和、人の和」の商品を通して

つくっていきたいと思っています。

 

その他 | 2020.07.31

京都デニムの名古屋POPUPイベント

1点物の友禅染デニム

10月18日~20日名古屋栄で【京都デニム】さんのPOPUPイベントがありましたので


様子を見に行ってきました。

 

TOSHIです。

 

京都デニムさんは、

 

世界初、着物の染色技術(友禅染)を使用したデニムを生産・販売しているお店です。

 

日本の歴史を受け継いだ技とデザイン。

 

自分の個性に問いかけて

 

「お客様の今お持ちのデニム」に

 

自分だけの模様(柄)を注文できます。

 

です。

 

 

ナナセナナチェを始めるきっかけに


 

なぜ京都デニムさんのお話をしたかと言いますと

 

京都デニムさんは、

 

ナナセナナチェがはじまるきっかけになったからなのです。

 

一昨年の年末、とある京都での飲み会で

 

京都デニムの店長さんと出会いました。

 

お酒の飲めない私に

 

「酒と同じ量の水を必ず飲みなさい。」と

 

声をかけてくれた所から始まりました笑

 

話をしていくと、

 

京都デニムさんは、

 

京都デニムだからこそできる技と伝統、接客、

 

1人1人のお客様を最大限大切に

 

1人1人のお客様に大満足していただく事により

 

商売が成り立っているということでした。

 

いつか自分のお店を持ちたいと思っていた私の前に

 

お手本となるような素晴らしい店長さんに出会うことができました。

 

 

独自の柄・デザインを現実に

 

株式会社ココラックには、

 

オリジナル柄のちりめん生地が多数存在しています。

 

しかし、ナナセナナチェにはまだ

 

オリジナルの柄はまだ存在しません。

 

数年先の掲げた目標へ向かい、

 

オリジナル柄やオリジナル商品、

 

ナナセナナチェだからこそできるモノづくりを目指し、

 

日々、尽力しています。

 

10年先、20年先、100年先、

 

ナナセナナチェだからこそできるモノづくりが

 

ずっと続くよう、続けるための第一歩。

 

まだまだ、始まったばかりなので

 

瞑想したり、右往左往しておりますが、

 

少しずつ進んでいます。

 

「このお店でモノを買いたいんだ」と

 

行ってもらえるようなモノづくり。

 

いいですね。

 

その他 | 2019.10.21